[DQXI] 主人公が己の意思を表明する日は来るのか

『DQXI S』のネタバレがあります。

世界が崩壊し勇者の安否も判らぬまま、追加ストーリーに突入した DQXI 。
……実に DQ らしい、コメディ色の強い内容で⎛´ω`⎞
3D の DQ になってから増えた、というか“鼻につくようになった”(※主観)このお笑い展開は DQ ファンからまだ必要とされてるんだろうか。必要とされている、「いや何をおっしゃるかこれぞ DQ ではないか!」と思われているのなら良いんですが。
主人公が喋らないうえリアクション薄い。選択肢も「はい」と「いいえ」しかない。2D の時はそれでも良かったけど、3D になると見た目がリアルだから違和感の方がデカくなる。

吉田氏: 例えば怒りの感情を勝手に表すなとか、勝手に手を差し伸べるのは無しにしよう、などは意図的です。その点では結構「ドラクエ」っぽいつくり方をしています。ただ、「新生エオルゼア」編を運営する中で、「もう少し動いて欲しい」、「もう少し感情は出して欲しい」というようなご意見も頂きました。

新生 → 蒼天時の吉 P インタビューより。
以降、選択肢を複数並べ、それに対する世界の反応も準備。漆黒では遂にボイスまで入りました。Tis good to see you awake, G'raha Tia. 結果、FFXIV は MMO でありながらストーリーが最も評価される、というちょっと何言ってるか判らない頭のおかしいゲームに。
3D 世界で、2D ドラクエのストーリーテリングを続けるのは限界じゃないか、と思う次第です。出来ないことが多すぎて DQ のシナリオはやりたくない、って言われるんじゃ?

シルビア編 → なんで皆オネエになっちゃうんだ……。
マルティナ編 → 魔物の異質さは伝わります。
カミュ編 → え、その思い出そんな大事だった?
ロウ編 → 「トンヌラ」だの「ねぎま」だの! ネーミングセンス!

というところでやっとねぎま編にリターン。

191006_01

あらかわいい。

魔王誕生と世界崩壊から数ヶ月、旧デルカダール王国はイシの村を最後の砦として魔王軍に反抗を続けている模様。
村の人たちが生きていたのは幸いではあるけど、自分の人生を狂わせた連中との対面なのだから一悶着あるだろうと思いきや、勇者はいつものように泰然としており。
デルカダール王はまあ、ウルノーガに取り憑かれてただけだしまだ許せるけど ―― グレイグはちょっとね。正気で従ってたわけだしね。その後彼と共闘する魔王軍とのバトルがあるけど、後ろから刺してやろうかと。ただこのひとを失うと我々は勝てないし、母親やじいじの言葉を思い出してぐっと堪える。ていうのがわしは欲しいんですけどね。お笑いじゃなくて。

次はデルカダール城での、常闇を生む魔物との決戦。
というところでログアウト。Lv38 / プレイ時間 35:24 。
って結構やってるな⎛•ω•⎞

© 2017,2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

コメントをどうぞ

名前と本文は必須です。メールアドレスは公開されません。