[XIV] 次の映像作品は

5.08 パッチノート公開!

そう言えば 5.08 入ってました。
忍者が超絶強化されてますね! 零式 4 の aDPS 、2 週範囲 10,907.95 - 11,934.40 が 5.08 以降の 1 日範囲だと 11,555.30 - 12,458.33 ! ※ 25 - 75 percentile. 500 - 600 くらいアップしてる! もちろん IL 上がった等の理由もあるとは思いますが。
侍もやや DPS 伸びてるものの、侍は 5.1 の照破の調整が本丸だしね。
召喚は DoT 数によるルイン系スキルの威力変動がなくなったけど、そもそもプロフェッショナル召喚はいつなんどきでも DoT 切らさないし。カジュアル召喚の DPS がちょっと上がった程度かしら。

「偽造天界 グルグ火山」において、床のグラフィックが一部変更されます。

AoE 見辛かったよねー。
そういうギミックかと思ってたらそういうわけではないようで。

TVCM や映画に関するアンケート実施中!

『CHOOSE YOUR LIFE』のアニメ CM 見たことある? どこで見た? どう思った? どんなメッセージを受け取った? 『光のお父さん』見た? 感想は? など。
おそらく、我々テンパードの好意的なアンケート結果を武器に、さらなる映像作品のための予算を Mr.ヘッドショットからぶんどるつもりなんでしょう。1 クールアニメとか! 異世界転生でララフェル♀になった OSSAN がヒカセンとして世界を救う話とかどうですか! 登場キャラ募集企画とかあると MMO ぽいですね!
マイディーさんの FC や『ミニオンの大冒険』 @ TOITOI PICTURES さんをアドバイザーに迎えて、実写でもアニメでもない全編ゲーム画面のドラマ作っちゃう! とかも挑戦的。
もしくはドキュメンタリー映画。つったらもう、“ローンチに失敗した MMO の立て直し”という無理難題に挑む吉 P & リード陣の奮闘の完全再現しかないですよね。それはとても見たい。

「第 54 回 FFXIV プロデューサーレター LIVE」 9 月 15 日(日)TGS 会場より放送決定!

もう 5.1 コンテンツ特集が。GARO コラボ終わっちゃう MGP 稼がないと……。
配信チャンネルに ALIENWARE TV 追加。フィーストの大会と同じく、PLL も ALIENWARE Presents になるんでしょうか。良い機材使ってくれそう。ていうか PLL にスポンサーって。
嗚呼それにしても消費税増税の前に ALIENWARE のノート PC 買いたかった。

[DQX][Switch][DQ] プロデューサーとは

【7 周年記念】国勢調査 7th Anniversary

恒例のアストルティア国勢調査。
我らがドワーフは安定のどわお 4% どわこ 6% 。3 周年記念の 2015 年調査から変わってません。アストルティアには常に 10% ほどのドワーフがいるってことです。
というか全種族 2018 年 8 月から整数部の変動なし。安定なのか停滞なのか。

職業。こちらもほぼ変わらず。
戦士 → バトマス、僧侶 → 賢者と天地、旅芸 → 遊び。
良い意味で安定の僧侶と、悪い意味で安定のパラディン。……やはりズーボーはんの復活が急務ではないでしょうか。キャラクターズファイルに期待しましょう。
キャラクターズファイルもね。正直期待外れだったよね。5.x ではもうやんないか。

1 度は見たことのある冒険者。
アストルティア民は人生に於いて一度以上、スキンヘッドどわおを見ている。
ところでプクリポ♂、立ち絵とアイコンで顔違うけど。

武器は相変わらずの両手剣オンライン。
ドロップ宝珠ランキング、メタル迷宮招待券でアホほど取れるメタルトラップの技巧がダントツ。……レベル上げの意味とは。

マイタウン購入者、07/24 ~ 07/31 で 8,686 人。いまもう 10,000 人超えてそう。

どっちの Switch?|Nintendo Switch|任天堂

この日はバッテリー持続時間が 2.5h - 6.5h → 4.5h - 9.0h に延びた新モデルの Switch 発売日だったそうで。最低 2.5h だったのが 4.5h になったのはデカいですね。
あと携帯モードオンリーの Switch Lite も 09/20 fri 発売予定。1 万円安い。

B07SHZGS9M【ゴージャス版】DQXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch
価格:¥ 9,391 (2019-09-02 時点)
販売:sqex | 発売日:2019-09-27

09/27 fri には DQXI 。
Amazon 特典付きを予約してたけど、よく考えたら『ドット絵練習帳』とかいらなくない? と気付いて Amazon 特典なしに切り替えました。こっちのが 1,387 円安い! て言うか『ドット絵練習帳』 = 1,387 円 !?

ところで DQXI と言えば。
Switch 版担当の岡本 P が典型的“SNS やっちゃだめなひと”みたいで。
配信でよーすぴ氏が「岡本はでもほんとそろそろツイートやめたほうがいい」とかダメ出しするレベルで。つってよーすぴ氏も前炎上してたけど。それを受けて岡本氏「何で炎上するのか判らない」と。……判らないからやっちゃだめなんだよ判って!
そんで一旦アカ消すも → 不具合修正終わるまではと再開 → 厄介なクソリプ奴に絡まれて「だまっとけ」「二度と話しかけてこないでくださいね^^」 → さすがにこれは会社から何か言われたかまた消す。
…… P は商品売ってナンボなのに、逆に購買意欲を萎えさせるとか、大変斬新なプロデュース手法でした。
最近 DQ 界隈呪われすぎでは。ユアなんちゃらだの、すごろく(ダイスの出目が 1/6 とは言っていない)だの、パウさんがパパになるだの。

[DQX] スキルシステム改修詳報

開発・運営だより -第 48 号-

いまスキルポイント、レベルアップ + 特訓 + マスタースキルで計 4,362 ポイントも獲得できるのね。こうして数字として見ると多いね!

スキルラインとスキルポイントがそれぞれ拡大したことによって、全体を把握することが困難になり、スキル振り分けそのものの難易度がかなり高くなってしまいました。

1 本のスキルラインに対し同スキルラインを持つ複数の職業から横断的にポイントを割り振る事が出来、またそうすることによるキャラカスタマイズこそが DQX の面白さなのに、さすがに最大 4,362 ポイントを、スキル数もライン数もポイントも少なかった 1.0 から変わらない(というか変えることを許されない)あの UI で捌くのはね。もう無理であると。
さらには複数職が同じ武器スキルライン持つため、武闘家の強化したいから棍強化 → 僧侶が強くなっちゃったり、ツメ強化 → まもの使い強化になっちゃったり。武器を強化するとその武器を持つ他職も強化されるのでバランスが取りづらい。つってこれは職業別になったところで変わらない。5.0 以降もツメ強化 → まもの使いが強くなるだけ。武闘家の固有・選択スキルに『ツメの攻撃力アップ』等を入れない限り。

ので、横断型から個別型へ変更する。

●スキルポイントは職業固有の「職業スキルポイント」となり、その職業にのみ割り振ることができる。
●スキルポイントの振り直しは、他の職業には影響しない。

わかりやすい。
問題点として「フルパッシブやフルスキルにするために、他の職業のレベルをあげなければならない」がある以上、『常時さいだいHP +30』もその職にしか影響がないものになるんでしょうね。

職業 SP は、Lv110 で約 280 + 特訓 20 + マスター 30 = 330 前後。
対してスキルラインは 5.0 から 6 以上。
職業クエストクリアで自動的に全スキルライン +100 なので ――

3 ライン(武器 2 種 + 職業)を最大にでき、1 ライン(盾もしくは武器 3)を 6 ~ 7 割ぐらいふれるポイント数からスタートするのが適当だと考えます。

現状とある職業をフルスキルで使ってるひとは、5.0 以降、確実にやれることが減る。そしてしばらく ―― というかもうフルスキル状態には出来ない。だってそれは「スキルポイントのやりくりを楽しむこと」に反するので。
全職 + 特訓カンストさせるなど、スキルポイントのやりくりが面倒だからこそ時間かけてフルスキルにしてたひとたちはそりゃ不満ですわな。
ではこの不満にどう対応するのか。個人的には、5.0 の時点で改修は全部やって、その後細かく手直しして、5.1 とか遅くとも 5.2 で“一応完成”させちゃうことじゃないかと思うわけだけど。

5.0  スキルライン改修
    『極致への道標』実装
~ 5.3 新スキルラインを順次追加
5.2  職業 200 スキル追加
5.4 ~ 既存スキルライン順次改修

改修終わるの、5.4 以降。え、それはもう 5.x 終盤じゃない?
5.0 の時点で 200 スキルまで入れて欲しかったところ。
まあ DQX 開発規模的に不可能なのか。

あと拡張予定に「レベルアップ時のパラメータ上昇幅を増やす」ってあって。個別化で『常時さいだい HP+30』等がごっそり消えるんで全職業 HP 下がるわけだけど、まさかこれから増やすって事……? い、いや、5.0 の段階で増やしてるけどさらに、ってことだよね……?

スキルラインシステムは、ドラゴンクエスト X サービス開始から 7 年間にわたって、キャラクターの成長を支えてくれたすぐれたシステムです。
ここに手を入れることはわれわれ開発スタッフにとって、とても勇気のいることですが、7 年間の拡張によって生じた問題点の解消と、職業の個性の強化を目指して改修させていただきます。

慣れ親しんだシステムが変更されることに、少なからず不安を感じると思います。せっかくフルスキルまで育てたのに、弱体化させられる残念な気持ちもわかります。
いったんできることが減ってしまいますが、あくまでこれは再スタートであって、今後のアップデートによって今よりもできることが増え、拡張されていきます。のちのちこれが良い変更であったと思っていただけるように、これからも全力で取り組んでいきます。
バージョン 5 から始まる、新しいキャラクタービルドを楽しんでいただけたら幸いです。

RO のシステムリニューアル、FFXI のアドゥリン、PSO2 の Hr など、この改修が数々のネトゲを死に至らしめてきた“ゼロからやり直したい病”にならないことを祈っております。