[CS] PSN復旧

PSN(JP) がようやく復旧したそうで。
確か SCE は日本の会社だったような気がするけど、本拠地である日本は一番最後。しかもその他の地域から遅れること実に 1 ヶ月以上。
これはあれですかね。「言っとくけど知り合いは一番後回しにするぜ、救助現場では」(『め組の大悟』より)ってことですかね。やだ SCE カッコいい……。
ただし現時点に於いても PC からのサインインは出来ない模様。なので PS3 の機器認証をやってないアカウントはパスワードの変更が(正規の方法では)未だ不可能、ということに。わしもやった Qriocity 経由で変更するか、メールフォームから問い合わせるか。

さて復旧したことだし、さっそく感謝とおわびのパッケージを戴くことにしましょう。これまで PSN 全く使ってなかったユーレイ会員だけども知ったことか! 堂々と貰う!
と言うことで『ハスラーキング』と『WipEout HD』をダウンロード。
『WipEout HD』はなぜか 07/18 までの期間限定。
ちょこっとやってみた感想。『ハスラーキング』 → ジャンプショット難しい;; ていうか軌道がよく判らない。カメラ自由に動かせれば良かったのに。『WipEout HD』 → 思ったよりスピード感なかったけど、まだ序盤でマシンがロースペックだから?

その他にもいくつか貰えるみたい。

まず『PlayStation Plus 30 日利用権』。
PlayStation Plus って言うのはこういうサービスだそうで。

30 日利用権 / 500 円 (税込)
365 日利用権 / 5,000 円 (税込)

高いね!
まあ自動更新 off 仕様だし、これ持ってるとフリープレイが出来るみたいだし、とりあえず戴いておきましょう。

『プラチニャ会員証(30 日有効)』は、トロステの有料会員権。
これがあるとトロ達が空き地じゃなくちゃんとした家に住めるのだそうで。しかもわしが大家さん。PS3 買った当初、なんで空き地? と思ってたらこういうことだったのか。大人って汚い。
でも 30 日過ぎるとまた空き地に戻されてしまうのだろうし、それはいかにもかわいそう。なのでずっとプラチニャ会員で居続けてあげても良いかなあ、と会員証の価格を調べてみたところが。

30 日有効 / 800 円(税込)
60 日有効 / 1,500 円(税込)
90 日有効 / 2,200 円(税込)

ごめんトロ、わしの経済力では無理……。
30 日限定の屋根付き生活をどうか楽しんで下さい。

ニャバター

みゃイルもらったので着せ替えセットを購入してみた。
このニャバターを PS3 公式アバターにすればいいのに。

最後の『PlayStation Home 用コンテンツ「キュービックレジデンス」』はどうでもいいです。

[wp] WordPress3.2

WordPress 3.2(en) がリリース。
Distraction-free writing mode は Zen mode ともよばれるようになった模様。と言うわけでさっそく Zen mode でお送りしております。どうですか禅っぽいですか。

DFWM

けど Zen mode 、textarea の横幅狭いにゃー。488px 。マルチバイト環境だと 34 文字で折り返し。縦長。

あと 3.2 からの変更点として「Use monospaced font for HTML editor」ってあったのだけどどうやら monospace になっておらず。調べたら WP Multibyte Patch の CSS が優先されてた模様。でもやっぱり textarea は等幅フォントだよね! ってことでそちらの CSS は読み込まないよう設定。

以前はマウスをちょっと動かしただけでボタン類が表示されてたけど、そういうこともなくなってました。なるほどこれは執筆に集中出来そうです。
むしろマウスカーソルは textarea の外に、かつブラウザをフルスクリーンにして、以降キーボードとカーソルだけで書き進めるのが良さげ。HTML エディタ派であれば各種 HTML タグや CSS のかんたん挿入方法は各自確立しているものと思われるし。辞書登録とか、入力支援ソフトとか。

Charu3

ちなみにわしは ← の Charu3 を愛用。
アイコンは [rayboy-blog: 『Charu3』用アイコン] さんから拝借。

わしは自動整形を off ってるので、F1 = <p> で囲む、F2 = <br /> 置く、Shift + F1 = <blockquote> で囲む、と設定し囲みたい・挿入したい箇所でファンクションキー押下。他タグはそれぞれの項目を選択。

このソフト、クセがあるけど使いこなせば恐ろしく便利で。ランチャーにも出来るし、マクロ組めば自動ログイン処理なんかも可能だし。必要最低限の UI で出来てるってのも良いです。わしはもーこのソフトがないと生きていけません。
これがあれば例えば AddQuicktag プラグイン等も必要なくなります。

Firefox 4 以上と組み合わせて使う場合、キー設定 » 固有ウィンドウ設定、で待ち時間を挟まないとうまくペーストしてくれなくなっちゃったのでそこだけご注意。

その他、管理画面全般かなり速くなってますね。
新テーマ TwentyEleven の試用はこれから。
あとは日本語ファイルの更新を待つばかりです。
以上、100% Zen mode でお送りしました。

[wp] まっすぃーん語

WordPress 上でページナビゲーションを実現するため今まで WP-PageNavi というプラグインを使っていたのですが、これ。

1 2 3 ... 16

こう並ぶんですよね。

1 2 3 ... 16

こう並んで欲しいのに。
WP-PageNavi プラグイン自体を改造すればいいんだろうけど、でもそうすると更新の際書き換えるのがとても面倒。
なので何か策はないか、と検索してみたところ、functions.php に書くヤリカタを発見。というか WordPress 自体にページナビゲーションを出力する関数あったのね。

function pagenav() {
 global $wp_rewrite,$wp_query,$paged;
 $paginate_base = get_pagenum_link(1);
 if(($wp_query->max_num_pages) > 1):
  if (strpos($paginate_base, '?') || 
      ! $wp_rewrite->using_permalinks()) {
  $paginate_format = '';
  $paginate_base = add_query_arg('paged', '%#%');}
  else {
  $paginate_format = (substr($paginate_base, -1 ,1) 
                      == '/' ? '' : '/') .
  user_trailingslashit('page/%#%/', 'paged');
  $paginate_base .= '%_%';}
  $result = paginate_links( array(
  'base'      => $paginate_base,
  'format'    => $paginate_format,
  'total'     => $wp_query->max_num_pages,
  'mid_size'  => 3,
  'current'   => ($paged ? $paged : 1),
  'prev_text' => '«',
  'next_text' => '»',));
  echo $result;
 else: echo '<span class="page-numbers current">1</span>';
endif;}

をテーマの functions.php 内に書いて、ページナビゲーションを置きたいところ、一般的には footer.php に <?php pagenav(); ?> 。

このコードを参考にしてちょっと php のお勉強。
一行一行調べていくと意味がわかって面白いものですな。

以下は「pagenav」って言います。
「pagenav」があったらここを見に来て下さい。
この「pagenav」は、$wp_rewrite と $wp_query と $paged を参照します。
ブログ全体で 2 ページ以上存在する時、次の作業をしてください。
そうじゃないなら 1 ページしかないって事なので「<span class="page-numbers current">1</span>」を表示のこと。
permalink に「?」がある、もしくはパーマリンク構造がデフォルトの場合、$paginate_format と $paginate_base を指示された通り設定して下さい。
そうじゃないならデフォルト以外の permalink 。これも指示した通りに。
paginate_links には以下の値を入れて下さい。んでそれらをひっくるめて $result に。
最後にその $result を表示して下さい。
おしまいです。

以前、最終学歴 MSX-BASIC って書いたけど、よくよく思い出してみれば PC-8801 の Z80 のマシン語もちょっとかじってました。通販でアセンブラとか取り寄せましたが、結局モノにはならず。
php の本買っちゃおうかな! ウェブにほぼ完璧なリファレンスが掲載されてるけど、どうしても紙の方が頭に入るデジタル世代を装ったアナログ世代です。