[Film] 『世界侵略 : ロサンゼルス決戦』の感想

映画『世界侵略 : ロサンゼルス決戦』のネタバレを含みます。

10/01 sat に見た映画 5 本目。

世界侵略 : ロサンゼルス決戦 [★★☆☆☆]

『インデペンデンス・デイ』の地上戦版。オチもだいたい同じ。
ほぼ全編エイリアンとのガチバトル。
マシンガンぶっ放して物陰に隠れて、の繰り返し。
また臨場感を出すため兵士たちと同じ動きの中で撮影されており。常時手ブレしてる状態。なので頑張って見なきゃいけない箇所が。とにかく疲れます。

ただ最前線の過酷さは十分伝わってきました。
常に民間人の安全が最優先、と言う部分も。
民間人も含めて人類総力戦(まあそれでも基本は USA だけど)と言った趣の『インデペンデンス・デイ』と比べ、こちらはただもうみんなで「海兵隊万歳!」と叫ぶための作品。アメリカの人達が。
そして「海兵隊万歳!」と叫ばせないといけないから ―― エイリアンがクソ弱い。テクノロジーはあちらが上で無人機により制空権は握られてしまうけど、地上戦ではほぼ互角。実際 2-5 部隊は何度かエイリアンの地上部隊を押し返してる。互角だからそれほど絶望感がない。
エイリアン侵略モノの醍醐味は「このエイリアン強すぎ! もう地球は駄目だ……!」って所からの一発逆転劇だと思うので、そういう意味では物足りない気もします。日本人としては。
このご時世、USA vs. 実在する国(今だと適役は中国か)の戦争映画は中々作れないから敵をエイリアンにしました! エイリアンだから腹かっさばいても OK ! って事なんですかね。

軍曹の少尉に対する「どう命じても良い。ただ決断を」にはしびれましたな。これぞ職業軍人。
あと戦死者の認識番号まで覚えてたところも○。

侵略開始から 24H も経ってないのにどうやってあんなの作ったのか、とか。
なんでそんなところに? とか。
無人機をどうにかしたくらいで戦局ひっくり返るとは到底思えないんだけど、とか。
突っ込み所は多々ありますが、「海兵隊万歳!」で終わりで良いです。

[Film] 『とある飛空士への追憶』の感想

映画『とある飛空士への追憶』のネタバレを含みます。

10/01 sat に見た映画 4 本目。
原作は未読。サンドウイッチマン富澤さんが声優やってると言うことで。

とある飛空士への追憶 [★★★☆☆]

原作未読の観客のためにガヤ等で世界を説明してくれてるのですが、固有名詞多くて危うく置き去りにされるところでした。レバームとかサンマルティリアとかアマツカミとか。
のち調べたところによると「レヴァーム」で「サン・マルティリア」で「天ツ上」。
世界の西の「レヴァーム」と東の「天ツ上」は絶賛戦争中。「サン・マルティリア」は天ツ上領内にあるレヴァーム自治区。しかも劇中広げられる地図を見ると相当近い。であればかなりの激戦地であろうと思いきや、領主・住民・兵士にそれほどの疲労は感じられず。街もキレイだし、レヴァームの王子様が許嫁に会うため艦隊を率いて来訪したりとかしてる。
これはサン・マルティリアの空軍(騎士団?)が手強いためか。天ツ上にとってもサン・マルティリアの存在は重要なのか。

その後の展開は判りやすく。
軍の失態を隠すため、最新鋭複座機サンタ・クルス単機で天ツ上の制空域を突破、次期王妃サン・マルティリアのファナ(声:竹富聖花)をレヴァーム本国まで送り届けること。
選ばれたのは混血の傭兵で空軍のエース、シャルル・カリノ(声:神木隆之介)。

そのシャルルさん、離陸前ファナの大量の荷物に OK 出したのに、飛んでから捨ててくれって。最初に言おうよ (´・ω・`)
あと感情の起伏激しすぎです。神木隆之介氏は元々一本調子で喋る人だし特に。ジブリ作品の声優ならあの調子で良いかもしれないけど、こう言うアニメらしい作品ではもう少し抑揚が欲しかったかなー。
んでファナさん、なにやってんすか……。
中盤まではほんと 2 人にイライラしますね。
ファナさんは以降唐突に性格変わってなかなか良い女性に成長しますが、シャルルさんの方は結局キャラが定まらないまま終わってしまった感。

空中戦。
シャルルが半分気を失ってる状況での弾避けはもっと頑張って欲しかった。
それからあれだけ機体を激しく振り回すと、シャルルは良いだろうけど、ファナには恐ろしくキツかったはず。けど毎度ケロッとしてたのにちょっと違和感。

ラスト。
嗚呼……やっぱりそうなるよね……。

正直あまり期待してなかったのですが、面白かったです。飛びモノ好きなら。
原作読んでみようと思います。
千々石役の富澤さん、セリフ少なかったネ。

[Film] 『ワイルド・スピード MEGA MAX』の感想

映画『ワイルド・スピード MEGA MAX』のネタバレを含みます。

10/01 sat に見た映画 3 本目。

ワイルド・スピード MEGA MAX [★★★☆☆]

前作『ワイルド・スピード MAX』のラストからそのまま繋がっており。
ドミニクの乗ってる護送車をブライアンとミアが車で追う!
さあこっからどうすんの? と思ったらー。
……いや普通死ぬよね。
まあこれが『ワイルド・スピード』の醍醐味。幕上がってまず最初に「こういう映画です! どや!」とルールをぶつけてくる。それも超どハデに。「文句言うな!」とでも言わんばかり。この開き直りが好きです。

シナリオ。
レイエスの闇金 1 億ドルを強奪し、その金で新たな人生を! が今回の目的。
その為にドミニクは『MAX』の冒頭でつるんでた仲間をリオに呼び寄せ、綿密な計画を立て始めるわけです。
なんとなく『オーシャンズ』シリーズっぽい展開。所々に無理矢理“車”が入ってくるけど。監視カメラの死角から死角へ抜けるため速い車が必要だ、等。
しかしそこは『ワイルド・スピード』。……結局無理だから映っても大丈夫な警察の車盗んでこようぜ☆ とこう言う gdgd 感が素敵です。
さらに。さあ作戦開始だ、ってときに殴り込んできたザ・ロックのせいで計画などまるで無かったことにされます。(゚Д゚) ← 本当にこんな顔になりました。じゃあ今までの計画のシーンは一体何だったのか。どこまでもワイルドです。

で、結局は力業。
こっから非常にバカバカしい展開に突入するのですが ―― バカバカしい展開もここまで徹底してやるとスゴいんだな、と素直に感心しました。

車の映し方のかっこよさは『トランスフォーマー』以上。
もう車かっこいー (*゚∀゚)=3 でいいと思います。

ドミニク vs. ルーク(ザ・ロック)のヘビー級バトルも見応えあり。
典型的な「考えるな、感じろ!」系映画です。
車好きなら。