[XIV] エンドブレーカー

【2022 年 9 月 30 日 2/2】【吉田直樹さんご出演 6.0 メインストーリー完結 山口慧さんご卒業】NGC『ファイナルファンタジー XIV オンライン』生放送<シーズンⅧ> - YouTube

休憩時間中、山口氏がコーヒーブレイクをしようとコーヒーメーカーの電源を on → エンドブレーカー → 休憩時間延長に。
しかし紅蓮のパッチノート朗読会で経験ある吉 P は落ち着いたもので。

吉 P 「また M ちゃんか、って言われてましたけどね。Twitter 見たら『わたしじゃねーよ!』つってましたけど」
山口氏「M ちゃん、仲間だよ! もうひとりじゃないよ!

6.0 最終 ID ラストレムナント、わしは機 + ガ竜賢、で行った記憶。
で、えどさん" 氏、1 ボスでこれだと 2 ボスどうなっちゃうんだ……? とこの時点でとても不安に。でも案外ノーワイプ。わし初見時ここで 3 ワイプ位しました。やっぱ人によって得意不得意ってあるもんでしょうか。わしアイシクルインパクト @ 極シヴァみたいな順番に爆発する系が苦手で。
17 番目の世界、ラーラーを見て ――

吉 P 「おい、もののけ姫に登場してましたよね? って言うな!」

ID 終了後の NPC 吹き出し。たしかに表示短いよね。こっれをタゲって喋らせるようにするのとか、ログに残すようにするのは ―― やれなくはないけど、ロードが挟まったりとか、コストに対してのメリットがそんなない。

吉 P 「これをこうした代わりにロード入りました、暗転入ります、なんやかんや、つーと、こんなことになるならやんなくてよかったって絶対言われるんで」

吉 P は『それをやるとこうなりますよ』と先に言ってくれるんで納得感あるよね。新髪型のためにロスガルの耳をちょん切ったときはなかったけどね!
まあその辺はケモナーでないと判りづらいので仕方がない。今後は開発内にリアルガチなケモナーを入れて都度意見を聞いてくれることでしょう。

そして英雄としてのラストバトル、終焉の戦い。
相方ナイトが落ちたのにタゲ取るの忘れるえどさん" 、AoE 避けでスプリント使って外周走ってそのまま落ちるえどさん" (2 回目)、タンク LB の見せ場をスルーするえどさん" 、タンク強攻撃(範囲)に詩人さんを巻き込むえどさん" 、ていうか Lv90 プライマルレンド使ってなくね? なえどさん" 。すごくかわいい。
ヘルズイングレスで落ちちゃう山口氏、トドメに LB 撃とうとしてタイミングミスって死んで出荷されちゃう山口氏もかわいい。
レンジあるある、タゲったら攻撃しちゃう詩人さんもかわいい。
初見多めの PT をただ見る、ってこんなかわいいのね。

あと ―― 思ったけどやっぱ最近ウルトラワイドだと難易度激変するバトル多いよね。
これゲーム的にどうなんだろうか。プレイ環境による視野の違い、をゲームとして対策すべきなのか否か。視野角が難易度に直結する → ズームハックが流行るわけで。そろそろ議論してもいいのでは。
Q & A でこれ聞いて欲しい。

冒険者としてのラストバトル、vs. ゼノス・ヴェトル・ガルヴァス。
お二人とも選択肢は一番上。わしも一番上。
ヒカセンもニヤリとするのがいいよねあそこ。

エンドロール中、唐突にはじまる Q & A 。
落ちてきた転移装置の解釈。わしはメーティオンが落としたんじゃないかと思いましたっけね。ラグナロクに帰ってくるよって伝えたのになんかバトってるし! 楽しくなっちゃってるし! 死にかけてるし! え、なにこのひと……まじ頭おかしい! 的な。
メーティオンとヘルメスのヘイト差。メーティオンにヘイト向かないようにした結果、ヘルメスのヘイトがデカくなっちゃった。でもこのヘイトは「いや判るけど! 手段考えろ! 頭いいのに馬鹿だな!」込みだしね。それでも想定よりは低かった。これは声優さんの演技か。あと彼よりサイコパスなヒュトロダエウスって存在も大きかった。
ガレマルド編。わしはもう、序盤のユルスのくだりで「あーダメだこいつらwww」で以降、主義主張はスルーすることに決めたんでノーダメージ。クィントゥスの自害については吉 P とは意見違うなー。

放送はさらにこっからまだ続くけどさすがに時間切れ。また後日。

[XIV] 新たなる絶望

【2022 年 9 月 30 日 1 / 2】【吉田直樹さんご出演 6.0 メインストーリー完結 山口慧さんご卒業】NGC『ファイナルファンタジー XIV オンライン』生放送<シーズンⅧ> - YouTube

漆黒極マウント全部集めたごほうびのレンダーバッフェ、ゾイドっぽいなーと思ってたら開発コードネームもゾイドだった。名前覚えてない & ゾイドのページ見てもどれか判んないけど、四つ足のやつもってた記憶。シールドライガー?

タタルさん寸劇。

吉 P 「タタルさんが一声かければね。(敵対すると)世界を敵に回すようなもん」

やっぱりタタルさんは暁という重い枷につないでおくべきだった……! ヒカセンは世界を救ったけど、より恐ろしい絶望を世に解き放ってしまったのだ……!

暁月クライマックス、Endwalker のシーン。

吉 P 「正直、このつなぎを作るので 2 週間延期したようなもんだった。最後は。全言語、やっぱりセリフが同じじゃない ―― 直訳してるわけではないんで。『本当にいまからやるんですか?』って結構言われたので。ローカライズチームからは。『間に合わなくなりますよ?』って。まあでも、これが“ある”か“ない”かでは」

石川氏曰く、「過去のボイス有の台詞を全部見直して」決めたそうで。

えどさん"「元はなかったって事ですか?」
吉 P 「入れる予定ではあったんですけど、間に合わないって感じだったですね。最後の局面では」

最後の最後で D が P に勝っちゃったかー。

エメトセルク氏の別れの際の煽り。

吉 P 「エメトセルクのあの煽りも最初はなかったんですよね。あまりにもキレイに終わるから、『みんなやめちまうよこのゲーム。終わった終わったって。なっちゃん頼むよこれ、煽っとこう』つって」

あれはほんと。ほんっともー!
プレイヤーだけじゃなく、開発チームへの煽りでもあり。
そりゃ FF 総選挙で 6 位もとるわ。
ていうかいまやったら何位になるんだエメトセルクさん。

XIV はある意味、FF 限界オタクが集団が作ってる。
ラスレムオタクもまじってる? → ていうか NQ ひろしが D で前廣氏がバトル作ってるし、ラスレムのスタッフもたくさん。ので「限界オタクって言うよりホンモノが揃ってます」

ウリエンジェさん。わしはまだ裏切りを諦めてないからな……!

ってところで前半終了。休憩へ。

[XIV][PTM募集中] キンキンに冷えてやがる

PTM 募集中、遂に最終回!

【第 12 回】FFXIV パーティメンバー募集中!「アルテマウェポンを倒せ!(後編)」 - YouTube

リンクは YouTube 版。引き続きアルテマウェポン。
改めて技名見ると似てるの多い。誘導レーザー、魔導レーザー、凝集レーザー、ホーミングレーザー。ネロさンレーザーそんな好きか。
我々はもう技名ではなく、その技の範囲とか処理方法とか痛さで呼ぶびますよね。全体、範囲、ドーナツ、頭割り、散開、距離減衰、強攻撃、線取り、塔踏み、玉、等々。

本編。バラエティにあるまじき「口数が少なくなります」テロップ。あの百戦錬磨の小杉氏がほぼ喋らないなど。ヒーラーたいへん。かなりの時間、高井氏が 1 人ガヤ頑張っており。うんタンク暇だもんね……。

板倉氏「ホーミングレーザーだから逃げる必要ないのか」

AoE 避けたあとジャンプで近付けば効率的、と気付くなどこの辺はさすがゲーマーですね。

【FF14】初めての個人配信『聞いてるかリットアティン...俺たち出会う場所が違ったら分かり合えたんじゃないのか...』 - YouTube

そういえば板倉氏、個人チャンネルで XIV 実況を。ありがてえ……! これでまたヒカセンが増える……!

距離減衰についてゆい P 氏が説明をし、それを真剣に聴く他 3 名の絵が実に XIV 。ゆい P 氏は自身の動きがヒントにならないようずっと初見ムーブなのも素晴らしいですね。

高井氏「なんて熱さだ! この熱さ、キンキンに冷えてやがる……!」
板倉氏「どっちなんだよ」

ここ不意打ちで笑ってしまった。
その後頭割りで小杉氏が倒れるも ―― そのまま削りきって勝利!
かと思いきやー。

スタッフ「やっぱり死んだままだと……」

全員立ってクリア & 超える力切り、が決定。

高井氏「な……なんでそんなことすんだよ!」
ゆい P 氏「いやこっちがききてーよ! 言ってくれよ総監督に!」
高井氏「利根川!」

幕間。芸人業界も一昔前とずいぶん変わりました。
冠番組がゴール、みたいなところがあったのに今やゆい P 氏も板倉氏もそこを見ていない。特に板倉氏は忙しいのがやだとか。自分の時間がないととか。売れたら処刑されるとか。
自分の時間と収益を両立出来てしまうメディアがある、っていうのも大きいか。

そしてクライマックス。
は集中力が切れたか板倉氏が結構当たったけど、小杉氏が冷静にリカバリーして見事勝利! 素晴らしい!
高井氏が最後まで札束残してたのも素晴らしい! 忘れてただけだそうだけど。

てことでお疲れ様でした!
セカンドシーズンお待ちしております。